行動力を高めるには?一歩を踏み出せる人材になる方法 Vol.1

行動力

行動力を持っている人の特徴

ビジネスにおいてフットワークが軽い人、率先して営業を行う人、そのような人を形容する言葉で「あの人は行動力がある」という言葉をよく耳にします。では具体的に「行動力がある人」とはどんな特徴があるのでしょうか。

●積極性がある

行動力がある人には、自発的に動ける積極性があります。指示待ちでも、受動的でも、消極的でもありません。誰かに指摘される前に、自分から進んでものごとに取り組みます。初対面の相手にも決して臆することがなく、自分から話しかけられる人が多いといえます。

●向上心が強い

行動力がある人は、「もっと学びたい」「さらに成長したい」といった、強い成長意欲があるのが特徴です。高い目標を持ち、完璧を目指しながらも、現状に満足していません。自分が成長を感じられる場所に意識して身を置き、新しいことへ果敢にチャレンジします。

●失敗を恐れない

行動力がある人は、たとえ失敗するリスクがあったとしても、チャレンジする覚悟があります。一見するといつも成功しているように見えますが、実は成功だけでなく多くの失敗も体験しているのです。失敗を周囲や状況のせいにせず、経験を自分の成長に活かしています。

●好奇心が強い

行動力がある人は、幅広いものごとに関心を寄せています。知識欲を満たそうとして、知らない場所へ出かけたり、知らない言葉の意味を調べたり、興味のあることを深掘りしたりします。好奇心が強く、活動的な人が多い傾向にあります。

●決断が早い

行動できるということは、決断までのスピードが速いということでもあります。行動力がある人は、自分の選択へ常に自信を持っているからこそ、迷わずに決断できるのです。自分の軸を持ち、いつも揺るぎない価値基準に基づいた判断をできる強さがあります。

●明確な目標を持っている

行動力がある人の背景には、明確な目標があることが多いといえます。自分がどんな人間でありたいか、どんな人生を送りたいか、その理想を実現するために行動できるのが特徴です。同時に、目標へ向けて取り組む実行力も持ち合わせています。

●ポジティブに考えられる

行動力がある人の考え方は、基本的にポジティブです。しかし、それは想定されるリスクを軽視し、いつも無計画で無謀な“楽天家”とはまったく異なります。ポジティブな人とは、成功へ向けて着実に取り組みながらも、失敗にもめげずに経験から学べる人のことです。

●変化を好む

行動力がある人の身の回りの環境は、たえず変化しているように見えます。それは、本人が同じところへ留まり続けるのを嫌い、成長につながる変化や刺激を好んでいるためです。大きな変化のなかで、次々とレベルの高いステージへと進み、人生を豊かにしていきます。

●人に配慮できる

行動力がある人は、自分自身を大切にするのはもちろん、周囲の人のことも大切にしています。仕事で困っている人がいれば見て見ぬ振りをせず、自発的に助けを出せる人柄の良さが魅力です。交友関係が広く、身の回りには自然と人が集まり、快く協力を得られます。

●体調管理を徹底している

行動力がある人は、高いパフォーマンスを発揮できるよう、自分のコンディションを整えるのが得意です。精力的に動ける体力があり、ヘルスケアにも力を入れています。自分の体力をきちんと把握していて、パフォーマンスの低下をまねくような無理はしません。

なるほど!やってみよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました