行動力を高めるには?一歩を踏み出せる人材になる方法 Vol.3

行動力

行動力がない人の特徴

一方、行動力がないといわれる人はどのような特徴があるのでしょうか。これらを把握することによって、自ら行動力がないと感じている人は短所克服のポイントになります。また、行動力がないと感じられる部下がいらっしゃる場合は、その原因・問題点がつかめるかと思います。

●慎重になりすぎている

行動力がない人は、悪い意味で慎重になりすぎています。時には冷静さも大切ですが、チャンスを前にしたときに考えすぎると、肝心の一歩を踏み出せません。少しでも失敗する可能性があると行動に移せないので、成功から遠ざかります。完璧主義の人に多い傾向です。

●先延ばしにする癖がある

行動力がない人には、すべて先延ばしにする癖があります。期限に余裕がある場合も、早めに済ますことで得られるメリットを重視できず、多くの機会を失っている状態です。先延ばしをせず、自由に使える時間を作れば、その分新しいことに取り組めるでしょう。

●羞恥心が強い

行動力のなさは、羞恥心の強さと関係しています。場合によっては、失敗したときの周囲の目を過剰に気にしているのが原因で、なかなか行動できないことも。自分の軸を見失って臆病になり、行動に移せないタイプの人もいます。

●自信がない

行動力がない人は、自分に自信がない傾向にあります。自信のなさから多くの迷いが生じ、「自分の選択が間違っていないか」「他人からどう思われるか」と揺れ動いてしまうのです。こういった自信のなさは、経験不足が原因であるケースも少なくありません。

●現状に満足している

行動力がない人は、現状維持を好む思考に陥っている場合があります。現状の能力やスキルに満足し、変化を嫌うことで、成長の機会を失っている状態です。特にビジネスシーンにおいて、現状維持は“後退”と捉えられており、注意するべき傾向といえます。

●目標が明確になっていない

行動力がない人の多くは、自分の目標を明確に立てられていません。漠然として生きるのに慣れて、目標を達成する楽しみや充実感が忘れられています。日々の仕事でも、取り組みに対して一定の成果をあげられないのが難点です。

なるほど!なっとく!

コメント

タイトルとURLをコピーしました