行動力を高めるには?一歩を踏み出せる人材になる方法 Vol.4

行動力

行動力を高める方法

ビジネスパーソンとして、必要不可欠な能力の一つである行動力を高めるためにはどうすればいいのでしょうか。まずは「自分には行動力がない」とあきらめるのではなく、「行動力を手に入れ、さらにレベルアップを目指す」と意識を変換し、実際に行動に移すことが必要になります。ここでは具体的な行動力を高めるポイントをお伝えします。

●目標を明確にする

行動力を高めたいなら、まずは自分が目指すべき姿を明白にしてください。そして、自分の目指す方向に合致するものごとには、遠慮なくチャレンジしていきます。もし合致しないとしても、自分にとってマイナスにならないのであれば、積極的にチャレンジすると良いでしょう。現状や目先の問題にとらわれず、人生で大事にするべき軸を持ち、自分にとって必要な挑戦であるかを判断することが大切です。後悔しないように行動を起こし、そして行動すると決めたからには、完遂する覚悟や責任感を持ちましょう。

●どうすればできるかを考える

行動を起こす際に迷いが生じるのは、誰にでもあることです。そんなときは、自分が迷ってしまう原因を突き止めるとともに、反対に現状の何を変えれば実行できるのか、前向きに考えてみましょう。場合によっては、時間を捻出したり、人員を確保したり、設備を整えたりすることで、速やかに行動できる可能性があります。特に、なかなか行動を起こせない人は、できない理由のほうを探しがちです。ぜひ自分の思考を見直してみてください。

●簡単なことから行動してみる

頭の中では「チャレンジするべき」という気持ちがあるのに、実際には具体的なアクションがなかなか手につかないことがないでしょうか。ビジネスシーンでは、自分にとってレベルの高い業務に挑戦できないといったケースがよくあります。そんなときは、難しいことを後回しにして、まずは簡単なことから行動してみるのもひとつの手です。業務内容を細分化して、最初は自分のレベルで問題なく達成できるタスクから順に着手してみましょう。

●著名人や社内のハイパフォーマーから学ぶ

行動力を高めるコツを、人から学ぶという方法もあります。圧倒的な成果をあげている著名人や、社内でお手本となる人物を見つけて、参考にしてみてください。このとき、ハイパフォーマーたちの判断の基準や、行動の指針について学ぶのがポイントです。著名人に学ぶなら、本を読むと体系的に理解しやすくなります。周りにいる人から学ぶなら、普段の業務姿勢を観察するだけでなく、相手の方の就業観を尋ねてみても良いでしょう。

なるほど!とにかくやってみよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました